ナレッジの共有と活用を促進するソリューション開発
株式会社図研プリサイト様

業界
活用シーン
ソリューション
課題
  • 社内におけるドキュメント資産の有効活用
  • 社員の退職などによるノウハウ消失の防止

Ghelia Ray導入の背景
ナレッジマネジメントの課題に直面

製造業のモノづくりを支援するITソリューションメーカーの株式会社図研プリサイト様の事例です。
図研プリサイト様では、主力であるPLMシステムを中心に、お客様である企業の製品開発プロセスIT化を推進するなかで新たな課題に直面。
それは、「技術資料や報告書などナレッジ足り得るファイルを膨大に蓄積しているが、参考資料が存在するか分からないため誰も参照しない」、「ナレッジを共有する時間・場所が確保できず、技術の底上げが進まない」などのナレッジマネジメントの導入・実践に関する課題です。

Ghelia Ray導入後の効果
情報資産をAIで有効活用できるシステムを開発

仕様書やレポートなどの社内文書を作成している際に、企業で管理している文書群の中から、AIが重要度を評価した参考資料をプッシュ通知でお知らせするシステム「Knowledge Explorer」を開発しました。
これにより、ユーザーが気付いていない「価値ある情報」を、手間なく、速やかに探し出し、ナレッジマネジメントを強力に支援する環境が提供可能になりました。
ドキュメントファイルからの重要語の抽出と評価

AIに関するお悩みやご質問など
お気軽にお問い合わせください

facebook
pageTop