工事計画立案の自動化

リソース制約から工事計画の流れ
業界
活用シーン
ソリューション
課題
  • 計画立案に関するノウハウの属人化の解消
  • 工事計画のコスト明確化
  • 突発的な計画変更への円滑な対応

Ghelia Ray導入の背景
工事計画において、さまざまな課題に直面

建設現場での工事計画においては、工程管理計画や品質管理計画、配置計画など、深い知識と技能が必要な計画策定業務が熟練者の暗黙知となっており、属人性の高さが課題となっていました。
また、現場での移動や運搬におけるコスト調整や突発的な計画変更の対応に追われるなど、計画全体の正確性が欠けていることも懸念点としてあり、それらの改善の必要性が高まっていました。

Ghelia Ray導入後の効果
AIによる工事計画の立案とコスト最適化を実現

現場における移動や運搬作業が効率的かつコストが最小になるよう、AIが工事順序の計画を策定し、全体の計画策定者の業務をサポートできるシステムを構築。
そのシステム導入後は、短い期間で最適化された工事計画を高精度で立案・実行することが可能になりました。

AIに関するお悩みやご質問など
お気軽にお問い合わせください

facebook
pageTop