サイネージの視聴データ解析

業務効率化
業界
活用シーン
ソリューション
課題
  • 屋外広告における広告視聴履歴の取得
  • 詳細かつ正確なマーケティング指標(KPI)の把握

Ghelia Ray導入の背景
屋外広告における、高精度な視聴データの取得に課題

電子機器の受託開発・製造サービスを行っている企業様の事例です。
近年、屋外広告にデジタルサイネージを採用するケースが増加しているなか、サイネージに対する視聴者および視聴行動データ等の取得が難しく、設置箇所の交通量概算などを指標とするほかにKPIを設定する方法がないことが課題でした。
各種の視聴者データを正確に可視化して取得でき、広告主がKPIの設定およびPDCAを最適に回せるような方法を提供できる仕組みが必要となりました。

Ghelia Ray導入後の効果
視線の領域のみならず、視聴者の属性までを計測可能に

公共施設や商業施設などに設置したデジタルサイネージに向けられた視聴者の視線データを、カメラを通して独自のAI視線推定エンジンで解析することで、性別や年齢層などの視聴者の属性および視聴時間を集計。
さらに、撮影データから視聴者の視線を推測し、注目した箇所や視界に入った領域を段階別にカウントすることも可能となり、あらゆるデータの可視化が実現しました。
なお、この事例では複数のGPUを搭載した大型のPCやサーバーを用いることなく、エッジコンピューターでの動作に対応しています。
データの可視化

AIに関するお悩みやご質問など
お気軽にお問い合わせください

facebook
pageTop