医療・介護用ベッドの転倒・転落対策
パラマウントベッド株式会社様

医療用・介護用ベッドの転倒・転落対策
業界
活用シーン
ソリューション
課題
  • 早期通知設定による不要通知の増加(業務負担)
  • 駆けつけが間に合わなかったことによる対応の遅れ
  • 早期通知と通知抑制の両立

Ghelia Ray導入の背景
不要通知によるスタッフの業務負担が増加

医療・介護用ベッドやマットレスなどの製造・販売を行っているパラマウントベッド株式会社様の事例です。
近年、患者や被介護者(以下、患者とする)の状態を把握するために、ベッドやベッド周辺にセンサーなどの機器を搭載するケースが増えています。
医療・介護現場における安全性が向上しているなかで、早期通知の設定を行うことにより、スタッフの対応が不要な場合においても通知されることがあり、現場の負担が増大する一因となっていました。
また、スタッフの駆けつけが間に合わなかったことによる対応の遅れが、医療・介護の現場で問題視されており、早期通知と通知抑制の両立が課題となっていました。

Ghelia Ray導入後の効果
高精度の動作認識・予測を実現
スタッフと患者双方に安心感を

画像検出技術を中心に、過去の知見からさまざまなAIアルゴリズムを 組み合わせることで、人物の動作認識に加え、予備動作からの行動予測への展開を想定した手法を開発。
ベッド上やベッド周辺における患者の動作を高精度に認識・予測してより早く、ムダのない検知を実現しました。
また、プライバシー保護の観点から、画像内の人物にマスク処理を施すことで、監視されているような抵抗感を患者に与えないことも計画
しています。
介護者の安心感と患者のプライバシーの保護

AIに関するお悩みやご質問など
お気軽にお問い合わせください

facebook
pageTop