学力診断システムの開発
株式会社トライグループ様

業界
活用シーン
ソリューション
課題
  • 学力診断テストにおける生徒・教師の負担軽減
  • 生徒の学習状況の把握における属人化の解消
  • 志望校の難易度の明確化

Ghelia Ray導入の背景
生徒と教師、双方の負担軽減が課題に

家庭教師サービスと個別指導塾の株式会社トライグループ様の事例です。
学力診断テストには1教科あたり約2時間を要してしまうことから、生徒の学力を測る教師と受験する生徒の双方にとって多大な負担となっていました。
また、生徒の理解度を判断する際、特に積み上げ型の科目については判断が難しく、どこを重点的に学習させるのかについては教師の知見に委ねられている状況でした。
さらに、志望校の学部・学科によって出題内容の傾向があるにもかかわらず、網羅的な学習により、志望校の合格を見据えた学習を生徒が実践できていない可能性がありました。

Ghelia Ray導入後の効果
約10分で生徒の学力把握が可能に

これまでもAIを活用した教育サービスは見受けられましたが、株式会社トライグループ様では、学習のつまずきを個別に捉えるのではなく、学力を網羅的に測定することで全体像を把握し、生徒一人ひとりの弱点を総括して診断する解析方法を用いています。
この解析手法により、主要教科すべての学力診断に対応しながらも、従来と比較して約10分の1の時間で的確な学力把握が可能になりました。
また、学力レベルにあわせて、生徒一人ひとりに最適な学習計画の組み立てが可能となります。効率的な学習を通じて、短期間での学力向上が見込めるようになりました。
学力診断システムの開発

AIに関するお悩みやご質問など
お気軽にお問い合わせください

facebook
pageTop